10月26日(水)調布市体育協会主催「陣馬山秋の草花を楽しむ、爽やかなハイキング」


【実施場所】JR高尾駅北口(開会式)~(バス)~陣馬高原下バス停~陣馬街道~陣馬新道~陣馬山山頂(昼食・休憩)~一ノ尾根~和田第二尾根

      ~和田バス停(閉会式)~JR藤野駅

【参加者】 24

【スタッフ】班長:福田(主幹事)、横井、鈴木 アシスト:田中(清)(報告・写真)


当日は爽やかな秋晴れで、絶好のハイキング日和。JR高尾駅北口に915分集合し、開会式の後、945分発のバスに乗車。陣馬高原下からは3班に分かれて出発。途中時折通る交通に注意しつつ、ツリフネソウやハナタデなどを観察しながら、登山口へ。ここからは木の根が縦横に張ったかなり急な山道で、前日までの雨で土や根が湿っていたこともあり、遅れがちな参加者が4名ほどでる。途中でホオノキなどの樹木を解説したり、こまめに休憩をとりながら登ると、遅れがちな参加者もペースが上がり、予定より早めに山頂に到着。山頂手前からはサラシナショウマ、ユウガギク、シロヨメナ、アズマヤマアザミ、ノハラアザミ、ヤクシソウ、アキノキリンソウなどの花を見ることができ、沢山のセンブリの花が山頂付近では見頃でを迎えていた。

 

山頂からは紺碧の空の下、雪で白くなった富士山がくっきり、奥多摩の山々は勿論、日光白根も遠くにうっすらと見え、その360度の見事な展望に歓声が上がった。ただ、記憶ではいつも眩しい山頂の白馬が妙にくすんでいたのが気掛かりであった。13時頃から下山開始。段差のある階段をしばらく下った後は、少し色づき始めた静かな森の中をコウヤボウキやヤマハッカなどの花、クロモジやサンショウの葉の匂いなどを楽しみつつ、予定通り1435分過ぎに和田バス停到着。調布市体育協会のスタッフとの円滑な連携の下、40代から80代の幅広い年齢層の人達が参加したハイキングは終始和やかな雰囲気の中、事故もなく無事に終了しました。